大人も楽しめるオススメ少年漫画 2020年版

こんにちは、taikiです。

今回は普段漫画を読まない大人の為に、大人でも十分楽しめるオススメの漫画を紹介したいと思います。

鬼滅の刃

大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。

大人でも楽しめるポイントは、敵である鬼の人間の時の記憶をキッチリと描く部分ではないでしょうか。

相手にも相手の事情があるという反対側の視点は、自分の思う通りに行かない社会生活に照らし合わせると納得感があります。

「相手の立場になって考える」という昔から言われている普遍的な言葉の意味を実感させてくれます。

よく読まれた考察記事:

【鬼滅の刃】承認欲求の鬼「響凱」は売れないブロガーの怨念

約束のネバーランド

物語の世界観が三つ巴であり、トリレンマの構造が上手に描かれています。

社会人生活の中でも出てくるような議論が物語の中に展開されていて、「会社でもこういう人いるよなぁ」と思えるシーンがいくつもあります。

よく読まれた考察記事:

エマとノーマンの会話に学ぶトリレンマの議論【約束のネバーランド】

ハンターハンター

ドラゴンボールのような一次元的な強さではなく、複雑な能力をどうやって駆使して戦うかといった多次元バトルです。

現実社会に置き換えると、大企業に対してベンチャー企業が何を切口に突破口を見出すかみたいな戦いでしょうか。

自分がどうやって強みを磨いてどんなキャリアを形成するかみたいなテーマを考える上では、非常に参考になります。

よく読まれた考察記事:

ハンターハンターを読んで現代社会で本当に必要な知能がわかった話

以後追加予定

適宜、追加していきます。

まとめ:少年漫画といっても子供向けには書かれていない

大人が少年漫画を読む際に持っていると面白い視点は、漫画に落とし込まれた作者のメッセージを予想することです。

このブログではそのメッセージを読み解くような記事をよく書いていますが、そんなことを考えながら読むと違った漫画の楽しみ方が出来るようになります。

純粋に物語を楽しむのも良いですが、大人ならではの視点で漫画を改めて読んでみてはいかがでしょうか。

昔の漫画でも最近の漫画でも違った面白さを感じることが出来ると思います。

以上「大人も楽しめるオススメ少年漫画 2020年版」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昔読んだ少年漫画を大人になって読み返したら、大人ならではの視点で新しい学びがたくさんあり、再び漫画を読むようになりました。
せっかくなので、大人ならではの視点で少年漫画について書きたいと思います。
普段は冴えない中小企業を経営しています。
アラフォーのおっさん。