電子書籍・漫画・コミックサービス入門【読み放題?】【レンタル?】

こんにちは、taikiです。

皆さんは、漫画って何で読んでますか?
紙派?電子書籍派?

私は、主にKindleで中心に読んでいたのですが、一気読みしたいけど、全部買うと結構値段が張るなぁと思うような作品に躊躇していました。

特に手元に書籍なりデータが残ることにはあまり拘りはなく、また読みたくなったら買うなり借りるなりすればいいやぐらいに思っています。そうなると「ちょっと読んでみたいなぁ」という作品は全巻電子書籍で買うのに若干抵抗が出てきてしまいます。

そこで、電子書籍(主に漫画)のレンタルや読み放題サービスはないかなぁと思って調べたところ、サービスの種類がたくさんあってよくわからない。。。

一通り調べて、私なりに結論が出ました。

同じような悩みを抱えている方もいらっしゃると思いますので、電子書籍にまつわるサービスについてまとめました。

ぜひ、この記事を参考にして、皆さんにあったサービスを見つけて楽しい漫画生活をお送りいただければと思います。

電子書籍にまつわるサービスは3つある

電子書籍にまつわるサービスは3つのタイプがあります。

  • 購入型
  • 読み放題型(月額課金、サブスクリプション)
  • レンタル型

結論から言ってしまうと読み放題型とレンタル型は、メジャータイトルが乏しくて、比較的メジャーな漫画を読みたい人には物足りないと思われます。

本当に読みたい作品は1冊ずつ購入しないと読めません。

ザックリと一覧表にするとこんな感じです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

購入型

KindleやKoboタイプの購入して自分の端末やアプリで読むタイプの購入型サービスです。

購入型は閲覧の期間制限がなく紙のコミックよりも少しだけ安いのですが、デジタルデータに中古という概念がないので新品を買う感覚に近いでしょう。

既に数十巻も出ているけど実は乗り遅れている話題作品は、新品では「新品で50冊かぁ」と考えるとちょっと手を出しづらくなっちゃいますよね。

低価格で一気読みしたいというニーズにはちょっとハードルが高くなります。

サービスとしては、アマゾンのKindleを筆頭に、楽天系のKobo、Yahoo系のebook japan、独立系の漫画全巻ドットコム、DMM電子書籍があります。各社のポイントサービス等がありますが、基本的にはどこも同じです。あなたの使いやすい環境で選んでみてはいかがでしょうか。

主なサービス:
Kindle
Kobo
eBookJapan
漫画全巻ドットコム
DMM.com 電子書籍

読み放題型

月額定額で特定の書籍が読み放題になるサブスクリプション型のサービスもアマゾンのKindle Unlimitedを筆頭に台頭してきています。

ただ、少しググったり、閲覧可能なタイトルを見てみるとわかるのですが、メジャーなタイトルはあまりありません。

おそらくこのサイトで電子書籍サービスについて調べるような方が読みたいと思えるようなメジャータイトルはほとんどないでしょう。

逆に言えば、読みたいタイトルが具体的にあるのであれば利用を検討してみてもいいと思います。

主なサービス:
Kindle Unlimited
ブックパス
シーモア読み放題

ブックパスにはメジャータイトルとしては『カイジ』シリーズが一部あったり、シーモア読み放題には『魁男塾』や『サラリーマン金太郎』といった本宮ひろ志先生のメジャータイトルがあったりしますが、必ずしも最終回まで読み放題の範囲内で読めるとは限らないので注意が必要です。

レンタル型

閲覧期限が48時間、料金は100円といった形で購入するよりも安く読むことが出来るサービスです。

ですが、読み放題型サービスと同様にマイナーなタイトルが中心になります。

『キングダム』『鬼滅の刃』みたいな現役の人気作品もあるように見えますが、無期限レンタルと称して通常の購入型と同じ料金体系になるので注意が必要です。

また、人気タイトルがあったとしても最初の数冊はレンタルで途中から購入しないと読めない場合も多く、中途半端感は否めません。

それだったら、Kindleで全部購入した方が読みやすくていいかなぁという気がしますね。

主なサービス:
Renta!

一気読みには紙の本のDMMコミックレンタルがいい

散々、電子書籍のサービスを紹介してきましたが、私の要望である「メジャータイトルをリーズナブルな値段で一気読みする」が満たせるサービスがありません。

そこで諦めるのではなく、もう少し大きな視点で捉えてみると最適なサービスが見えてきました。

それは、紙の本のレンタル!

そう、紙の本が郵送で家に送られてくるというアナログなサービスです。

DMMコミックレンタルが1冊95円で手掛けている。

これであればメジャータイトルはほぼ揃っていて、買うよりも安く読むことが出来るし、狭い家に紙の本が居座り続けるというスペース問題も発生しません。

ミニマリストの方も安心ですし、家にいながら漫画喫茶気分が味わえます(むしろ、漫画喫茶のように本を探しに行くというプロセスもない!)。



1冊95円という値段もリーズナブルです。

期間も30冊以上借りると20泊21日、29冊以下だと14泊15日という一気読みには丁度いいところにハードルがある。

DMMコミックレンタルで30冊レンタルした場合:

  • 95円×30冊=2,850円
  • 送料840円
  • 合計3,690円(税込)

漫画喫茶12時間パック:

  • 2,940円(マンボー渋谷センター街店、税込)

日数が長めにあることを考慮すると漫画喫茶と同じぐらいのレベル感と考えてみてはどうでしょうか。

ということで、実は私はDMMコミックレンタルのヘビーユーザーです。

もちろん、リアル書籍ということで貸出中になるというデメリットはあります。

まとめ:レンタル・読み放題はもう少し先。リアル本レンタルのDMMがおすすめ

というわけで、下記のような人に対してはリアルのレンタル1択のようです。

  • 購入するよりも安く読みたい
  • メジャータイトルを一気読みしたい
  • 手元に書籍やデータが残らない方がスッキリしていい

逆に読みたいタイトルがレンタルや読み放題サービスの中にあるのであれば、読みたいタイトルを読破するまではそちらのサービスが良いかも知れません。

ただ、この記事をここまで読んじゃうような人が読みたいのはメジャータイトルでしょうから、DMMコミックレンタルな気がします。

それでは自分にあったサービスを見つけて、よい漫画生活をお過ごしください!

追記:
各出版社が直接運営している「MangaONE」だったり「少年ジャンプ」といったアプリに関しては、また別途調査する予定です。

あわせて読みたい

漫画サービスが決まったら、次は漫画選びですね。私が読んだ中でも特に面白かったオススメの漫画を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

大人が読んでも面白いおすすめ人気少年漫画と賢い読み方 2020年版
こんにちは、taikiです。 今回は普段漫画を読まない大人の為に、大人でも十分楽しめるオススメの漫画を紹介したいと思います。 鬼滅の刃 大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探...

コメント

タイトルとURLをコピーしました