ハンターハンター ナックル・シュートの会話に学ぶ議論における代替案の必要性

こんにちは、ベリンボロ汐留です。

ハンターハンター読んでますか??
先日、ハンターハンターの22巻を読んでいると、ナックルとシュートの会話のシーンがとても印象に残りました。
仕事でどうするべきか方針を議論している際に、正義感だけが強い人がやりがちな議論がまさにナックルくんがやっていたので取り上げたいと思います。

反対するのに代替案がない

反対だけして代案を示さないナックル

ハンターハンターが好きな人ならご存知のキメラ=アント編で、500万人を犠牲にして、数十億人の残りの人類を守るか、500万人を守ろうとして数十億人全滅のリスクを取るかという究極の状況に追い込まれた時のナックルとシュートの会話です。

500万人を見殺しに出来ず、いらだちをシュートにぶつけています。
その一方で、シュートは冷静に数十億人の人口を守ることを優先させるべきだと意見が別れます。

感情的にシュートに突っかかるナックルに向かって、シュートは言いました。

「代案も出さずに正義面だけしたいってのは虫が良すぎないか!?」

仕事で会議していても似たような状況に遭遇したことありませんか?

目の前の現実

  • ①500万人犠牲にすると数十億人が救えるかもしれない
  • ②500万人を守ろうとすると人類が絶滅するかもしれない
  • ①を選択して、500万人を犠牲にして数十億人を救う作戦を選択している

ナックルの視点

  • 500万人を見殺しにしたくない
  • けど人類は救いたい
  • ①を選択しなかった時に具体的にどうすればいいかは答えを持ち合わせていない

シュートが見ている現実

  • 500万人は見殺しにしたくないが、数十億人を救うためにはしかたない犠牲だと受け入れている
  • ②を選択しようとしている

このような追い込まれている段階において理想論や感情的になって騒ぐことは意味がありません。
実際に選択肢としてどういうアクションを取るべきなのかについて提示しなくては意味がないのです。
今、ある選択肢は①と②であって、①で行くという案に反対だけど②も嫌だとなったら、③として新しい代替案を提示出来ないのでは、物事は前に進みません。

感情的になってしまったナックルと冷静に現実を見据えて打ち手を考えているシュートとのギャップはとても大きいです。
人類の危機が迫っているのに、具体的にどういったアクションを取るべきかを示せないで反対をしているだけでは、人類は間違いなく絶滅してしまうでしょう。

ナックルは現実を冷静に見てその上で、①なのか②なのかそれとも新たな選択肢の③を提示しなくては糞の役にも立たないのです。

現実世界にもナックルは散見される!?

残念ながら、議論が苦手な方はナックルと同じことをやってしまうことが散見されます。
なんだかよくわからないんだけど気に入らないとなるわけです。

「反対するなら代替案を出せは間違い」を唱える人の過ち

世の中には、代替案を出せっていうのは間違いで、そういうことを言うと自由な意見が出てこなくなってよくないという方がいらっしゃいます。
本当にそうでしょうか。

どんだけ脳内お花畑なんだと。

そういうことを言う人の前提は議論する時間は無限にあるか、議論を幼稚園のお遊戯的に考えているのどちらかでしょう。

代替案を出さずに反対だけ言う人は、相手へのリスペクトがなく、自分の頭を使っていません。
少なくとも頭を使って考えて来たアイデアに対して、気に入らないなら同じように頭を使って考えこそ対等に議論が出来るものです。

権利だけを主張して義務を果たさない人と同じです。

現実世界でのナックル的誤りの事例「安倍やめろー」

メディアでも野党でもとにかく「安倍やめろー」とだけ言い続ける人がいる。具体的にはこのあたりか。

超訳すると「安倍が気に入らん。辞めろ」である。
理想的なのは、「安倍政権ではなく、○○を行う○○政権を作りたい。」と言わない限り議論は先に進まないわけだ。

ナックルとやってしまったミスと同じであり、シュートがいたら一括されることでしょう。

まとめ:真のハンターを目指すなら空虚な理想論を語るよりリアルな現実解を示せ

いかがでしたでしょうか?

漫画の中であっても代替案を提示して議論をすることの重要さを何気ないシーンで描いています。
漫画の世界の中であってもリアルを追求していくといい加減な議論は許されません。

少年漫画であってもこのあたりのシビアな現実を描くあたりは、さすがですね。

ナックルがやってしまった失敗を胸に刻んで、リアルな現実社会ではリアルな現実解を示しながらいろんな人と議論しましょう。

以上、ハンターハンターの大人斬りでした。

読みたくなった方は全巻どうぞ。最高におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昔読んだ少年漫画を大人になって読み返したら、大人ならではの視点で新しい学びがたくさんあり、再び漫画を読むようになりました。
せっかくなので、大人ならではの視点で少年漫画について書きたいと思います。
普段は冴えない中小企業を経営しています。
アラフォーのおっさん。